トップ > 月刊『創』 > 月刊『創』(Tsukuru)2021年8月号
月刊『創』 > 2021 > 月刊『創』(Tsukuru)2021年8月号

月刊『創』(Tsukuru)2021年8月号

林眞須美長女の悲劇/「表現の不自由展」街宣攻撃

■和歌山カレー事件・林眞須美さん長女の最期があまりに悲しい
 4人の子どもの中で気丈で親代わりだった長女が………篠田博之
■「表現の不自由展」が激しい街宣攻撃で緊迫事態に
 東京は延期、大阪は会場使用許可取り消しに……編集部
■「妻殺害」判決の講談社元社員母親が語った「殺害はありえない」
 朴鐘顕被告は本当に妻を殺したのか!?
■内部資料が明かす植松聖死刑囚と津久井やまゆり園の支援の実態
 相模原障害者殺傷事件に新たな事実……渡辺一史
■立川死傷事件被害者「実名」報道の大問題
 殺害された風俗店女性を一部メディアは実名で報じた……浅野健一

●三浦春馬さんの死をめぐる女性たちの声(10)
 三浦春馬さん一周忌に春友さんたちは…
●全て何もなかったように優しい風が吹く――命日を迎える三浦春馬さんに捧げる…
 7/18が再び訪れる……空羽ファティマ/海扉アラジン

◆死刑囚が見た大阪拘置所の新型コロナ感染状況
 死刑確定者の獄中手記……山田浩二
◆裁判で問うべき警察見立て記事
 ブラジル人夫妻逮捕の地番掲載で静岡新聞に賠償命令……浅野健一
◆『喰うか喰われるか』著者インタビュー
 三度の襲撃にも臆せず山口組と対峙した50年……溝口 敦
 
価格 : 713円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
〈巻頭グラビア〉
今月のONE SHOT 近づく7・18へ向けて 春友さんへ藍染めを
月刊 嘲笑の時代 安倍逮捕 Xデーはあるのか? マッド・アマノ
春馬さんをイメージした 春友さん「藍染め」全工程
今月のカラクリ雑誌 みんながテレビを見ていた頃の『Gメン’75』 今柊二

〈連載コラム〉
タレント文化人 筆刀両断! 【枝野幸男】……佐高信
望月衣塑子の「現場発」 【誰のための政府なのか】……望月衣塑子
「こころの時代」解体新書 【ワクチン接種会場で思った高齢者の薬づけ】……香山リカ
極私的メディア論 【劣化する言葉と政治】……森達也
ナショナリズムという病理 【プーチンの国家戦略と北方領土問題】……佐藤優
再審弁護人のベレー帽日記【「さすらい鴨」とコロナ】……鴨志田祐美
ドキュメント雨宮☆革命 【コロナ禍の1年半を振り返る】……雨宮処凛  
大川総裁の月刊『壊』【五輪そして大川興業の感染対策】……大川豊
バカ裁判傍聴記 【身も心も、そして言い訳までも若い被告人】……阿曽山大噴火

ページトップへ